衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着て記念写真を撮るのは卒業式

学校に入るときはウキウキしたものです。

歌にもありますが、友達が何人出来るか楽しみなことがあります。
学年が変わるごとに新しい友だちができ、そのたびに別れることもあります。
それでも、同じ学校内なら、その後も遊んだりすることがあるでしょう。
でも、卒業をすれば学校内で合うことがなくなります。
学校が別々になれば、さらに合わなくなるのです。

卒業式には、それが悲しくて泣いてしまうこともあるでしょう。小学校においては、地元の中学に一斉に進学することもあるので、あまり離れることはありませんが、中学や高校の時はそれぞれバラバラになります。
学校で、友達同士で写真を撮って交換しあったり、シール式のものを撮りに行くこともあるでしょう。

中学や高校に関しては、多くの学校で制服が導入されています。
そのため、特に服装について意識する必要はありません。大学になると、一部を除いては、制服がありません。大学生は、学生でありながら、社会人の部分もあります。
ですから、社会人としての服装を心がけることがあります。
入学式ではスーツを着ることが多いでしょう。卒業式にもスーツを着ますが、女性の場合は、独特の衣装があります。
それは着物と袴です。

この光景は、かなり古くからあったようです。

古い女学生の写真を見ても、普段の服装として、着物と袴を着ている物がありました。
さすがに普段着ている人はいませんが、卒業式シーズンになると、着る人も多くなるようです。

購入する人もいます。

最近の傾向としては、レンタルをする人が多いでしょう。着物は他にも使えますが、袴は、他にはほとんど使いません。高いものですから、レンタルするのが一般的です。

記念写真に関しては、写真屋さんでも撮影してもらえますし、学校内で集合写真として撮影、さらには友達同士でも撮影できます。
当日は、カメラマンさんも待機されているので、撮影して、後で送ってもらうようにすることができます。
きれいに撮ってもらうなら、利用しましょう。

Copyright (C)2017衣装を着て記念写真を撮った思い出.All rights reserved.